『イン・ハー・シューズ』は、キャメロンのお宝映画です(^^)

キャメロン・ディアスの代表作と言えるかどうか分からないですが、
個人的に『イン・ハー・シューズ(In Her Shoes)』という映画が好きです。
『イン・ハー・シューズ』は、2005年に公開された、
カーティス・ハンソン監督の作品なんですが、
キャメロン・ディアスの好演が光る映画です。

ストーリーは、仕事が出来るブスな姉と、
とんでもなくオバカだけど超キレイで男にモテモテの妹という、
対照的な姉妹が、恋とか仕事とか家族ってことに悩みながら、
人生を整えていく物語。

もちろん、キャメロン・ディアスが演じたのは、
しんじられないほどオバカで、男にダラシナイ妹の方です(^^;。
でも、これがねぇ〜・・・ほんと当たり役でした。
この役は、キャメロン・ディアスにしか出来ないんじゃないかと思うほど、
ヨカッタです。

最初は、キャメロン・ディアスの馬鹿さ加減が限界を超えていて、
正直、イライラするんですよ。
でも、どんどん変わっていくキャメロン・ディアスが、切なくて可愛くて、
この可愛らしさは、キャメロン・ディアスだからこそ出せた魅力
なんじゃないかと思います。

姉役のトニ・コレットや、
祖母役のシャーリー・マクレーンも良かったです。
これは、キャメロン・ディアスファンならずとも、
ましてやキャメロン・ディアスのファンの方ならぜったいに、
楽しんでいたけるお宝映画だと思います。おススメです。

キャメロンの胸は、意外に小さい(^^;

今は、キャメロン・ディアスといえば、ソフトバンクのCMかな。
ソフトバンクは、2006年の秋から、予想外割・XS(707SC)・
PANTONEケータイ(812SH)・コドモバイル(812T)+706PなどなどのCMに、
キャメロン・ディアスを起用している。
ソフトバンクは、かなりキャメロン・ディアスがお気に入りってことだね。

それは、また、日本人が、キャメロン・ディアスを気に入ってる
ってことでもあるんだろうけどね(^^)。
だから、仕事中バージョン、買い物バージョン、お出かけ中バージョン、
フルカラーバージョン、親子バージョンなど、
多種多様なCMで、色んなキャメロン・ディアスが楽しませてもらって、
ソフトバンクには感謝しなくちゃいけないかもね。

けど・・・ソフトバンクのCMを見ていて思ったのだけど、
キャメロン・ディアスって、意外に胸が小さい(爆)。
いままで、映画などで、何度もキャメロン・ディアスを見てきたけど、
今流れているCMを見て、始めて
「キャメロン・ディアスって、こんなに胸が小さい人だったっけか」
と思った(^^;。

キャメロン・ディアスといえば、胸が大きいと思い込んでいたのだな。
けど、女性の色っぽさは、胸の大きさではないのだと、
キャメロン・ディアスは、CMで証明してくれたかな(爆)。